大人のとれんでぃ

大人になって「あ、あまり世の中のことに興味持っていないな…」と焦った時にちょっと世の中の新しいことが分かるブログ。

歯の黄ばみをとる方法・落とし方を徹底調査!重曹や即日対策方法!

スポンサーリンク

歯の黄ばみをとる方法、歯の汚れを落とす方法はさまざまありますが、代表的なものをご紹介します。

 

 

歯の黄ばみをとる方法・歯の汚れを落とす方法の調査結果

f:id:sasaic10:20211213214005j:plain

・1:ステイン除去用品の使用

ドラッグストア等で市販しているホワイトニングに特化した歯磨き粉やホワイトニングペンなどがあげられます。

 

歯の表面についた汚れを落とすため研磨剤が入っています。

 

・2:電動歯ブラシのステイン除去機能を使用

微細な振動により歯の表面の汚れを落とす機能となります。

 

上述のホワイトニング用歯磨き粉との併用は研磨剤が入っていることから予想以上に歯を傷つける恐れがありますので避けましょう。

 

汚れを浮かせて落とす効果のあるジェルタイプのものを併用すれば研磨剤も入っていないので安心です。

 

・3:ホームホワイトニング

歯科医院にて処方される必要がありますが、薬剤と専用トレイを使用し自宅で実施するものです。

 

汚れ落としの目的と、歯の漂白を目的とする2通りの方法となります。

 

治療期間目安は1日2時間程度で1~3週間ほど、効果は1~2か月ほど持続します。

 

費用面は約20,000円程度が目安のようです。

 

・4:歯のクリーニング

スケーリングとも呼ばれる「歯石とり」と同時に歯の表面を磨くクリーニングです。

 

歯科医院でしか実施が出来ませんので、予約取りや日程調整、歯科医院への通院時間等が必要な点が難点といえますが、専門器具を使用していますので効果は高いです。

 

歯石除去目的なら1回3,000円程度ですが、着色除去目的では保険適用外になり5,000円から10,000円程必要となる場合がありますので申請時は注意が必要です。

 

・5:オフィスホワイトニング

歯科医院で専門のスタッフが施術する本格的な漂白方法で、その場で白さが実感できます。

 

ホームホワイトニングでも漂白は行えますが、素人作業の為仕上がりにムラが出るのは否定できず時間もかかることから、予約や通院手間・費用面を鑑みても効果は高いといえます。

 

治療期間目安は1回30分から1時間の治療を2~4回程度、効果持続期間は3~6か月が目安、費用面も約30,000円が目安となります。

 

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用する「デュアルホワイトニング」という手法もあるそうですよ。

 

・6:ラミネートべニア

最も費用は掛かりますが、効果は永続性が期待できるのではと思われます。

 

歯の表面を汚れごと削り落とし、白さを調節したセラミック体を歯に張り付ける方法です。

歯科医院の通院は2~3回、費用は1本あたり50,000円が目安です。

 

歯の黄ばみ、気になって笑えなかったり等悩みの種ですよね。

 

黄ばみの原因は食べ物などによる着色や加齢による変色など様々な要因が重なって発生します。

 

「ステイン汚れ」という言葉がよく聞かれますが、シガー・コーヒー・発酵ジュース(ブドウ系)・カレー・醤油・ケチャップ等の色素が歯に沈着していき汚れとなってしまいます。

 

また歯磨きが満足にできていない場合、食べかすから細菌が繁殖することで黄ばむ原因ともなります。

 

さて前述の通り様々な黄ばみ・汚れを落とす方法がありますが、「重曹」を使う方法も話題となっています。

 

スポンサーリンク

 

 

 

歯の黄ばみの落とし方で重曹が有効って本当?本当ならどうやるの?

f:id:sasaic10:20211213214030j:plain

重曹は自然界に存在している物質であることから人体に害はありません。

 

汚れを落とす研磨作用に優れ、汚れを浮かす効果もあることから洗剤に使われたり、入浴剤にも使われたりしています。玄関のタイル汚れに重曹を使うなんて人もいたりしますね。

 

そのため歯磨き粉の代わりに重曹を使用して歯磨きをする方法が編み出されました。

 

直接重曹を歯ブラシにつけて磨いたり、水と混ぜてペースト状にしたりして磨きます。

重曹入りの歯磨き粉も販売されています。

 

しかし研磨効果が高すぎることもあり、汚れを除去する効果と共に歯自体を削る可能性もあり、かえって歯の表面が凸凹になり汚れが付着しやすくなる危険性も孕んでいます。

 

できる限り力を入れず、磨く時間も少なめにするのが良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

 

歯の黄ばみ対策!今日から出来るおすすめの方法!

f:id:sasaic10:20211213214040j:plain

黄ばみの原因は前述の通り様々ですが、自分で予防できる方法があります。

 

・歯磨き

色素沈着につながりそうな食事、といってもカレーやコーヒー以外も様々な食材があるために特定は難しいですよね。

 

そのため毎食後に歯磨きをすることで色素沈着を防ぐのが方法の一つです。

 

ただ、毎食ごとは難しい場合も多々あるでしょう。その場合は口をすすぐことだけでも効果は見込めます。

 

また歯間ブラシなども活用し、歯の汚れをできる限り落とし清潔にしておくことで黄ばみを防ぐ効果が期待できます。

 

・食事時はよく噛んで食べる

良く噛むと唾液がいっぱい出ますよね。

 

唾液には歯の汚れを落とすのと同時に、再石灰化と呼ばれる歯を修復する機能も同時に果たしてくれます。

 

よって唾液をたくさん出すことが歯の黄ばみの予防につながるといえるのです。

 

口の中が乾燥すると効果も見込めないことから、食事時以外も唾液を出すよう意識することで予防にもつながっていきます。

 

まとめ

笑顔の素敵な人は魅力的ですが、白い歯は素敵な笑顔に欠かせないですよね。

 

美容も健康も、地道な努力の積み重ね。

日々の歯磨きを怠らないことが一番重要と言えますね!