大人のとれんでぃ

大人になって「あ、あまり世の中のことに興味持っていないな…」と焦った時にちょっと世の中の新しいことが分かるブログ。

三菱UFJ銀行Eco(エコ)通帳メリット・デメリット、有料化解説

スポンサーリンク

三菱UFJ銀行は、

言わずと知れた大手銀行です。

 

そんな三菱UFJ銀行は、

「Eco通帳」というサービスを行っています。

 

「Eco通帳」とは、紙の通帳を発行せず、

Web上で通帳を閲覧できるというものです。

 

紙を使用しないので、

その名の通り、「エコ」ですよね。

 

しかし、大事なお金の話、

紙で手元に記録しておきたいという、

気持ちもあるのではないでしょうか。

 

紙とEco通帳のどちらを使うべきか、、、

迷ってしまいますよね。

 

そこで、今回の記事では、

三菱UFJ銀行「Eco通帳」の

メリット・デメリットをご紹介していきます。

 

記事のポイントは次の3つです。

 

  • Eco通帳のメリットはWeb上で使えること
  • Eco通帳のデメリットは手元に現物を置いておけないこと
  • 三菱UFJ銀行では、紙の通帳の有料化が始まる

 

それでは、詳しく見ていきましょう。

 

三菱UFJ銀行Eco通帳(エコ通帳)のメリットは?

f:id:sasaic10:20220129005854j:plain

まず、Eco通帳のメリットから見ていきましょう。

 

【Eco通帳のメリット】

 

①「記帳の必要がないこと」

 

通常、紙の通帳を使っていると、

口座からの入出金を確認したい場合、

銀行・ATMにわざわざ行って、

通帳に記帳をしなければなりませんでした。

 

しかし、Eco通帳を使えば、

Web上で情報が管理されているので、

アプリを開けばすぐに最新の口座の状況を知ることができます。

 

記帳のために出かけたり、

寄り道をしたりするのは

正直大変で億劫になってしまいがちですよね。

 

その点、Eco通帳ならば、

24時間、好きな場所から

口座を確認できるので、とても便利です。

 

②環境に良いこと

 

紙の通帳は、1冊にとどまらず、

2冊目・3冊目…と、どんどん数が増えていきます。

紙をかなり大量に使うシステムですよね。

 

しかしEco通帳ならば、

履歴がどれだけ増えても

紙のような資源を使うことはありません。

 

限りある資源、大切に生活したいですよね。

 

通帳を紙から電子に変えるだけで

環境に貢献できるなんて素敵だと思いませんか?

 

スポンサーリンク

 

 

 

【Eco通帳のデメリット】

続いて、Eco通帳のデメリットを見ていきます。

 

①通帳のコピーができない

 

勤務先など、口座を登録する際に、

通帳のコピー(もしくは通帳そのもの)を

持ってくるように言われる場合があります。

 

Eco通帳は

物が手元にあるわけではないので、

もちろんコピーをすることはできません。

 

簡単にコピーができない点は不便だと言えるでしょう。

 

通帳を直接コピーすることはできない分、

以下のような方法に代えることができます。

 

 

他の方法が取れるのなら安心ですね。

 

②紙の通帳のような安心感がない

 

Web上の数字やデータではなく、

紙の通帳へ実際に印字されたものを

自分が持っていることによる「安心感」

というものがあると思います。

 

Eco通帳は

その実物を所持することができない分、

紙の通帳になれていればいるほど、

どこか現実味のないようなお金に

感じられてしまう場合もあるかもしれません。

 

以上、Eco通帳のメリット・デメリットを紹介しました。

 

三菱UFJ銀行の通帳が有料化に。いつから?

f:id:sasaic10:20220129005905j:plain

三菱UFJ銀行は、2022年の4月以降~

新たに口座を開設する人に対して

Eco通帳ではなく紙の通帳を使用する場合、

年間550円の手数料を取ることを発表しました。

 

注意点は以下の通りです。

  • 手数料は預金から自動で引き落とし
  • 18歳未満と70歳以上は対象外

 

なお、2021年末時点で

紙の通帳を利用している人を対象に

紙の通帳からEco通帳への切り替えた

先着20万人へ1000円を配布するキャンペーンも行われます。

 

紙の通帳からEco通帳への切り替えを

検討している場合は早めの切り替えがおすすめです。

 

まとめ

ここまで、三菱UFJ銀行のEco通帳についてご紹介してきました。

 

Eco通帳にはメリットとデメリット、

それぞれあります。

 

紙の通帳の有料化が行われることもあり

紙の通帳への強いこだわりがない限り、

Eco通帳を使うことをおすすめします。

 

 

メリットとデメリットを見比べて、

あなたに合った形を選んでみてくださいね。