大人のとれんでぃ

大人になって「あ、あまり世の中のことに興味持っていないな…」と焦った時にちょっと世の中の新しいことが分かるブログ。

PTSとは?株式用語を簡単にわかりやすく解説!メリットは?

スポンサーリンク

私設取引システムと言い、

証券取引所を介さず現物取引

信用取引を行うことができる

電子取引システムのことを指します。

 

ん?いまいち…。

 

という感想になったかもしれません。

 

PTSと聞いても何かわかりませんよね。

私も初めはそうでした。

 

調べていくと、株式用語だとわかりました!

 

今、株式投資は熱いです。

 

株式のことを勉強していくと

PTSという言葉が出てきます。

 

今回はこのPTSという言葉の意味を

わかりやすくみていきましょう。

PTSとはなに?どいうもので何ができるか、特徴などをわかりやすく解説します。

f:id:sasaic10:20220206231806j:plain

PTSとはProprietary Trading Systemの略称で、

私設の株式取引システムとうイメージです。

 

どういう意味?となるかもしれません。

 

これは、証券会社などが

運営する株取引システムを意味します。

 

普通の株の取引は、証券取引所で行います。

しかし、PTSは、証券会社で取引を行います。

 

この違いです。

 

う~ん、でも何かいいことあるの?

 

と思ったかもしれません。

 

PTSで取引をするといいことが有るんです。

続いてPTS取引のメリットをあげてみます。

 

PTSを利用するとどんなメリット・デメリットがあるの?

f:id:sasaic10:20220206231944j:plain

PTSを利用したときのメリット。

 

分かりやすいものを3つ挙げていきます。

 

1.証券取引所で取引してない時間に取引できる

これ、結構すごいことですよね。

 

夜もできるもいうことです。

 

通常、証券取引所は、

9:00~11:30、

後場は12:30~15:00しか取引できません。

 

しかしPTSは、

16時半から23時59分まで取引可能なんです。

 

なので、夜にしか時間が取れない人も

株の取引ができるんです。

 

2.重要指標が発表された後にすぐに対応可能

つまり、証券取引所

取引終了の時間のあとに、

株式が変動しそうな重大なニュースが

発表されたとしても、株が買えるんです。

 

大きな発表の後に早い対応が出来ることは

大きなメリットです。

 

3.売買手数料が安い。

手数料が高いのが、

株取引のデメリットの1つといえますが、

PTSは安いです。

 

経費を少しでも削減できることは

嬉しいことではないでしょうか?

 

ただいいことばかりでもありません。

 

デメリットもあります。

  • あまり、値が動かない。
  • 注文方法が少ない。
  • 売られてない株の銘柄もある。

 

デメリットは確かにありますね。

 

デメリットもありますが、

PTDのメリットがかなりいいので、

手段の1つとして検討する価値が大きいです。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、簡単にPTSのことを説明してきました。

 

投資をやっている方にとって、

どのシステムを利用するか、

こういった情報は、

投資活動の大きな助けになります。

 

深夜にしか時間がとれない…。

など、時間の制約がある方には、

利用する価値は大きいでしょう。

 

副業解禁という言葉が

もう常識になりつつある現代社会です。

 

少しでも人生を豊かにする材料が

増えれば嬉しいですね。