大人のとれんでぃ

大人になって「あ、あまり世の中のことに興味持っていないな…」と焦った時にちょっと世の中の新しいことが分かるブログ。

もち麦の栄養効果は高いの?ビタミンが豊富って本当?徹底解説!

スポンサーリンク

もち麦がお米に代わる主食として、ここ最近大きな注目を浴びています。

もち麦を食べるダイエットも流行っていますし、実際に効果が出ているという人も多いです。

 

流行りにのっているもち麦ですが、実際にはどんな含まれている栄養が含まれているのでしょう?ビタミン豊富なんて話もよく聞きますね…。

 

ここではもち麦の栄養や食べ方について解説をしていきます!

 

 

もち麦にはこんな栄養、ビタミンが含まれています!

f:id:sasaic10:20211113213452j:plain

今回注目するもち麦もち麦は大麦の一種です。

 

お米にも普通の米ともち米があるように、大麦にも種類があります。

大麦の中でも、もち麦という品種を精麦したものがもち麦です。

※ ちなみにこのもち麦を押して平べったくしたものは押し麦。

 

このもち麦には実際たくさんの栄養とビタミンが含まれているので、紹介をしていきます。

 

・食物繊維

もち麦にはたくさんの食物繊維が含まれています。

 

その量は白米の17倍とも言われており、効果的に食物繊維を摂取することができます。

食物繊維は摂取をすることで、腸を刺激して便秘改善効果の期待がとても高いです。

 

とくにダイエット中はただでさえ便秘になりやすいです。

便秘が続くと肌荒れなども起きやすくなります。

こういったことを事前に予防するためにも、食物繊維は積極的に取り入れたい栄養です。

 

カリウム

もち麦にはミネラルが豊富に含まれていますが、その中でもカリウムがとくに含まれています。

 

カリウムは体内の水分を調節してむくみを防止に役立つと知られており、またそれ以外にも、血圧を低下させることにも期待値が高いです。

 

・ビタミンB群

ビタミンB群は、ビタミンB1ビタミンB2などのビタミンBの総称で、エネルギー吸収効率を高める効果があります。

体の疲れを取り、元気に活動をすることができる源ですね!

 

・ビタミンE

ビタミンEは強い抗酸化作用があるビタミンです。

肌や髪を若々しく保つだけでなく、疲れを取る効果にも期待されています。

女性の方や髪に悩める方には、嬉しい栄養です♪



このようにもち麦には多くの栄養素、ビタミンが含まれています。

毎日、食べる主食は非常に大切な食べ物。

もち麦は、少しでも栄養を効果的に身体に取り入れるための優れものの食材です。

 

スポンサーリンク

 

 

もち麦の食べ方が知りたい!簡単に食べるには?

f:id:sasaic10:20211113213512j:plain

もち麦の簡単な食べ方は、本当に簡単。笑

おすすめはお米の代用です。

 

もち麦の場合、カロリー自体は白米とそこまで変わらないです。

ただ、プラスして豊富な栄養素とビタミンが含まれています。

 

更にもち麦は、もちもちプチプチとした食感があり、白米に比べて腹に溜まりやすいという特徴があります。

 

つまり、お米に比べて少ない量で満腹感を味わうことができるんです。

お米の代わりにもち麦を代用するだけでも、ダイエットとして効果があると言われる理由はここにあるんですねぇ。

 

・炊飯器で調理できる

もち麦を調理するとき、ご飯と同様に炊飯器で炊くことができます。

 

もち麦を食べるのに違和感を感じる場合は、始めのうちはお米と一緒に混ぜて食べても良いです。慣れてくればもち麦100%にしていけばバッチリです!

 

・炊飯器で炊くのがめんどくさい!それなら。

もし、炊飯器で炊くのが面倒!という場合は、電子レンジで炊くのもアリです。

 

やり方は簡単!

 

シリコンスチーマーに、もち麦を50gと、水100ml入れて蓋をします。

あとは大体7分ほど電子レンジで加熱。

その後、15分ほど蒸せば0.5合ほどのもち麦が、時短で炊きあがります。

 

このもち麦をそのまま食べても良いですし、リゾットやおかゆにするのももちろんOKです。

 

炊飯器よりもサッと作ることができるのでおすすめです!

 

まとめ

もち麦は栄養がビタミンが豊富に含まれています。

特に食物繊維はお米の17倍とも言われており、ダイエット効果も期待値が高いです。

 

もち麦を食べるときは、お米の代用として食べるのがおすすめ!

そのとき炊飯器で炊いてもいいし、電子レンジで炊けば時短になります。

 

もち麦を生活に少しずつ取り入れて、無理なくダイエットに活用してみてくださいね。