大人のとれんでぃ

大人になって「あ、あまり世の中のことに興味持っていないな…」と焦った時にちょっと世の中の新しいことが分かるブログ。

牛乳でお腹を壊す?!大人になってからなぜ。その理由と飲める方法

スポンサーリンク

牛乳って美味しいですよね。

 

甘みが強く、カルシウムなどの栄養価も高いので、

健康のために牛乳をよく飲むという人は多いと思います。

 

しかし、中には

牛乳を飲むとお腹をゴロゴロして、

おなかを壊してしまう人もいます。

 

また、子供の時は牛乳が飲めたのに、

大人になってからお腹を壊すようになった

という人も少なくありません。

 

これって何かの病気なのでしょうか?

 

お腹を壊すようになっても

牛乳を飲む方法はあるのでしょうか?

 

ここでは子供の時は大丈夫だったのに、

大人になってから牛乳でお腹を壊す理由や、

牛乳をお腹を壊さない飲み方について解説をします!

牛乳でお腹を壊す?!大人になってからなぜ…。理由はこれだった。

f:id:sasaic10:20220203011931j:plain

大人になったからこそ!

牛乳を飲みたくなる機会が増えた

という話もよく聞きます。

 

しかしお腹を壊してしまうとなると、

なかなか牛乳を飲むこともできません。

 

牛乳でお腹を壊してしまうのは病気なのでしょうか?

 

結論から言うと、

それは病気というわけではありません。

 

牛乳には乳糖という成分が含まれています。

 

乳糖は牛乳に含まれる糖分であり、

牛乳のほんのりとした甘さの元にもなっています。

 

この乳糖ですが、

本来は小腸にある酵素で分解されるのですが、

日本人ではこの生まれつきこの酵素が少ない人がいます。

 

このことを乳糖不耐症と言います。

 

この乳糖不耐症によって、

牛乳に含まれる乳糖が分解できず、

お腹がゴロゴロと壊してしまうというわけです。

 

お腹を壊すといっても、

毎回必ず牛乳を飲むと

お腹を壊してしまう人もいれば

時々お腹を壊すという人もいます。

 

それは小腸内の酵素の数や

環境によって変わりますが、

時々お腹を壊すという人を含めると

日本人の3割が牛乳を飲んでお腹を壊すことがあります。

 

ですので、牛乳を飲んでお腹を壊す人は、

何か特別な病気というわけでなく、

小腸内の環境により、日本人にはよくあることだったのですね。

 

また、子供頃は大丈夫だったのに

大人になったら牛乳を飲んだら

お腹を壊すようになったという人もいるでしょう。

 

これにも理由があります。

 

小腸で乳糖を分解する酵素ですが、

子供の頃から定期的に牛乳を飲んでいないと、

小腸の酵素が減ってしまって、

乳糖不耐症となってしまうことがあるのです。

 

ですので、

子供の頃は牛乳を飲んでいたけど、

大人になってから久しぶりに飲もうとすると、

乳糖を分解する酵素の数が減っていて、

お腹を壊すようになってしまうわけです。

 

なので牛乳は飲み続けることにより

この酵素を減らさないようにできます。

 

スポンサーリンク

 

 

 

牛乳でお腹壊すようになった人必見!牛乳を飲める方法。

f:id:sasaic10:20220203012412j:plain

では牛乳でお腹壊すようになった人が

牛乳を飲む方法はあるのでしょうか?

 

結論から言えばあります。

 

まず乳糖不耐症とは言えども、

よほどの重度のものでなければ、

1日、コップ1杯から2杯程度は飲むことができます。

 

その際、

冷たいまま牛乳を飲んでしまうと、

腸への刺激が強いため、

暖かくしてゆっくり飲むようにしましょう。

 

その他、ミルクスープなど、

料理に牛乳を混ぜることもOKです。

 

自分で牛乳をどの範囲なら飲めるか、

しっかり確かめておきましょう。

 

また、乳糖不耐症でも、

牛乳からできた乳製品なら食べることもできます。

 

チーズやヨーグルトなどの乳製品は

発酵によって乳糖が乳酸菌へと変化しています。

 

ですので、牛乳がどうしてもダメなら

チーズやヨーグルトからカルシウムなどの

栄養を摂るのもありですね。

 

それ以外にもメーカーによっては

乳糖が含まれていない牛乳も販売されています。

 

お腹がゴロゴロ壊さないで

牛乳を飲む方法はあるので、

自分に合った方法を見つけてみてください。

 

まとめ

せっかく牛乳を美味しく飲める!

とわかったとしても、飲めないと辛いですよね。

 

ただ牛乳を飲んでお腹を壊してしまう人でも、

工夫をすれば飲むことはできます。

 

また牛乳は栄養が豊富ですが、

それ以外にも栄養は摂ることはできます。

 

なので牛乳を工夫をしたり

他の食べ物で栄養を補ったりして、

自分の体を把握した上で、

ゆっくり体に慣らしてみてくださいね。