大人のとれんでぃ

大人になって「あ、あまり世の中のことに興味持っていないな…」と焦った時にちょっと世の中の新しいことが分かるブログ。

ミートショックの原因は?いつまで続く?銘柄への影響とは?

スポンサーリンク

今年の10月26日。

あの吉○屋が値上がりに踏み切る方針を固めたと発表しました。

 

定番メニューの牛丼並盛387円が

426円へと、39円の値上げに。

 

今まで400円以下で食べられたものが、

400円を上回ると酷く財布事情を

苦しめられてる気持ちになってしまいます。

 

この、値上げの背景には

ミートショックが関係してると言わざるを得ません。

 

何故、こんなに牛肉の値段が高騰してしまったのでしょうか。

 

ミートショックの原因は?

f:id:sasaic10:20211224002459j:plain

世界中で猛威を奮っている

流行病ワクチンが開発され、

ワクチン接種が進んでいるアメリカでは、

経済対策の効果もあって牛肉の需要が増加しました。

 

また、中国でもコロナ禍により

海外旅行に行けない状況が続いています。

 

そのため国内での牛肉消費を押し上げており、

日本が牛肉を買い負けている傾向にある

ことも牛肉の値段高騰の要因と分析されてます。

 

日本でもワクチン接種が進み

経済活動も再開されて行く中で、

牛肉の需要は高まって行くと考えられます。

 

このまま輸入牛肉の争奪戦が

繰り広げられていけば

価格はさらに上がって行く可能性はありそうです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

ミートショックは、いつまで続きそう?

f:id:sasaic10:20211224002631j:plain

アメリカ国内の牛肉需要が高まっています。

 

一方、未だに肉の処理工場など、

感染症の影響で、工場の閉鎖、

従業員の欠勤が増える状況は続き

工場の生産性低下しています。

 

最近になって、新たなコロナウイルス

オミクロン株も猛威をふるい始めており、

沖縄県の米軍基地では、クラスターが発生し、

基地内で働いていた日本人従業員も感染しています。

 

この状況に対して現状は、

米軍人がアメリカ国内で感染し

日本に持ち込んだ可能性も考えられています。

  • ワクチンを接種していてもブレイクスルー感染してしまう。
  • 感染力も強いオミクロン株が国内へ持ち込まれている可能性がある。

 

これらの状況から、

肉の加工処理工場や畜産農家の方の

生産性が回復するのは近い将来ではないと推測されています。

 

輸入をアメリカや

オーストラリアだけに頼ってしまえば、

現状から抜け出すことは難しいでしょう。

 

しかし、国内で生産量を増やすのは容易いことではありません。

 

畜産農家も激減してますから、

畜産できる環境も早急に整えられるかといえば、難しいでしょう。

 

また、仮に整えられたとしても

今度は家畜の餌を輸入に頼るようになってしまう。

 

そうなれば、牛肉はさらに価格が高くなることが予測できます。

 

ミートショックからの脱却には、

アメリカやオーストラリアだけに絞らず、

他の輸入輸入先を探す方が解決への近道かもしれません。

 

ミートショックのよって株式銘柄にどのような影響が出そう?

f:id:sasaic10:20211224002644j:plain

感染症発生以前の景気後退や金融不安では、

外需景気敏感金融関連などの株価が大きく影響を受けました。

※ 外需…国外における需要

※ 景気敏感…業績が大きく変動する銘柄

 

今回のようなコロナ禍においては、

感染拡大を抑制するために

  • 都市のロックダウン
  • 経済活動の自粛
  • 出入国の制限

などが行われたことで

不透明感があまりにも強くなっています。

 

市場参加者の安全志向が特に強まり、

感染症の影響を受けた業種や企業は敬遠され

株価は低水準にあるといえます。

 

代替肉(フェイクミート)

そんな中、アメリカの

食品テクノロジー企業が扱っている

代替肉(フェイクミート)』が話題になったいます。

 

「大豆や食物を原料にした食品で、

 動物の肉を使用することなく肉の見た目や味を再現出来る」

というものです。

 

輸入牛肉の取り合いとなっている現状に

歯止めがかけられるとの見方も出て、

アフターコロナを見据えて、

この企業の株も注目されています。

 

まとめ

代替肉(フェイクミート)が量産されて、

市場に出回ったとしても価格がどのようになってくるかは分からない。

 

また、大豆を使用していることから、

アレルギーのある人には敬遠されてしまうでしょう。

 

価格、アレルギー、

この2つの問題が解消された時、

フェイクミートの市場シェア率は高まり、

ミートショックも緩和されることが期待できるかもしれません。