大人のとれんでぃ

大人になって「あ、あまり世の中のことに興味持っていないな…」と焦った時にちょっと世の中の新しいことが分かるブログ。

ゆうちょ銀行のATM利用料金がかかる?!手数料一覧、コンビニなど

スポンサーリンク

2022年1月17日から、

ゆうちょ銀行の現金での取引に

手数料がかかるようになりましたね。

 

サービスの内容に大幅改訂が行われましたが、

把握しきれていない人も多いはず。

 

最近は、キャッシュレスも増えていることから、

手数料なんてあまり気にしていなかった人もいると思います。

 

しかし、全く現金を使わないこともないこの時代。

 

知らなかったまま、

今まで通り利用してしまうと、損することになります。

手数料がどのように取られるのか、

きちんと把握しておくことが必要です。

 

注意すべき点は、

全ての取引に手数料がかかるのではなくて、

一部の取引が有料化となっています。

 

では、いつどこで現金の手数料がかかるのか、

くわしく解説していきます。

ゆうちょ銀行のATMの手数料一覧

f:id:sasaic10:20220122233054j:plain

各ATMの手数料を調べてみました。

 

郵便局・ゆうちょ銀行に設置されている

ATMの利用は、これまで通り無料です。

 

駅・ショッピングセンター等は、

平日8:45~18:00、土曜日は9:00~14:00は無料。

 

その他の時間と日曜日・祝日は、

一律110円の手数料がかかります。

 

コンビニの場合、

平日8:45~18:00、土曜日は9:00~14:00は220円。

その他の時間と日曜日・祝日は、

一律330円の手数料がかかります。

 

コンビニは、手数料が値上げしたということですね。

 

一番、話題になっていた硬貨の取り扱いにも注意が必要です。

窓口での硬貨を預ける際には、手数料がかかります。

 

1~50枚までは無料ですが、

  • 51枚~100枚に550円
  • 101枚~500枚に825円
  • 501枚~1000枚に1100円

の手数料が発生します!

 

単純計算ですが、

1円玉1000枚で1100円の手数料がかかるという、

マイナス結果になるのです。

 

500円玉ならまだしも、

1円玉では損してしまうんですね。

 

硬貨を預ける際に、

手数料がかかってしまうのはとても不便です。

 

窓口ではなく、

ATMで硬貨を扱う場合でも手数料が取られてしまいます。

 

1~25枚までは110円、

26枚~50枚に220円、

51枚~100枚に330円…(以降50枚ごとに110円プラス)

 

これらも、硬貨を預ける際に発生してしまいます。

 

募金活動をしている人や、

お賽銭を扱っているお寺や神社では、

かなりの影響が出てきますね。

 

小銭貯金をしている人にとっても、

ゆうちょ銀行は使い勝手が良かったものの、

こういった改訂で不便な部分が増えてきましたね。

 

郵便局をよく利用する人は、

使いにくくなったという人もいました。

 

私もゆうちょ銀行を利用しますが、

時間に縛られたようで使い勝手が悪くなったなと感じます。

 

スポンサーリンク

 

 

 

ゆうちょ銀行ATMの手数料がかかるコンビニはどこ?

f:id:sasaic10:20220122233119j:plain

24時間営業しているコンビニは、

誰もが足を運ぶ場所。

 

そして、コンビニにATMが設置されるようになって、

さらに便利になりましたね。

 

ゆうちょ銀行が使えるコンビニは、

ファミリーマート・ローソン・セブンイレブンがあります。

 

いずれも、24時間取り引きが可能ですが、

手数料はかかります。

 

 

手数料について、説明します。

 

  • ファミリーマート
    平日8:45~18:00・土曜日9:00~14:00は無料。
    その他の時間・日祝は110円の手数料。

  • ローソン
    平日8:45~18:00・土曜日9:00~14:00は220円。
    その他の時間・日祝は330円の手数料。

  • セブンイレブン
    平日8:45~18:00・土曜日9:00~14:00は110円。
    その他の時間・日祝は220円の手数料。

 

セブンイレブンは、

2023年4月に改訂予定とされていますので、

また手数料の変更があるのではないかと思われます。

 

利用は、今まで通り24時間ですが

手数料が上がってしまったことで、

利用を控える人も増えつつあります。

 

時間が遅いなら、

「とりあえず、ファミマへ」ということも

出来ないということです。

 

まとめ

  • ゆうちょ銀行の一部サービスに手数料がかかる
  • 郵便局・ゆうちょ銀行設置のATMは今まで通り無料
  • 硬貨は、窓口でもATMでも枚数によって手数料がかかる
  • コンビニは手数料の値上げ
  • ファミリーマートも、無料時間が限られるようになった

 

今回の調査で、ゆうちょ銀行が

手数料を取ってしまうようになったのは、

硬貨の枚数を数える機械の維持費が

かかってきたことになっています。

 

ゆうちょ銀行だけではなく、

地方銀行でも手数料値上げの危機になっています。

 

手数料を取られるのは仕方ないことなのかもしれませんね。