大人のとれんでぃ

大人になって「あ、あまり世の中のことに興味持っていないな…」と焦った時にちょっと世の中の新しいことが分かるブログ。

iPS細胞で治せる病気が増えてきた?実用化されるの?現在の課題

スポンサーリンク

iPS細胞とは「人工多能性幹細胞」と呼ばれ、

人工的にいろいろな組織や臓器にすること

可能な細胞のことを表します。

 

iPS細胞が活躍するのは「再生医療」と呼ばれる分野。

端的に言えば失われた人体機能を回復させること。

従来の医学では実現不可能であった分野へ踏み出す大きな発見でした。

 

2012年、山中伸弥先生が

iPS細胞発見の功績により、

ノーベル生理学・医学賞を受賞されたことは

皆さんも記憶に新しいのではないでしょうか。

 

なお「iPS」と命名したのは、

発見当時に流行していた

Appleのミュージックプレーヤー

iPod」にあやかり、

多くの人に名を覚えてもらいたい、という思いがあったそうです。

 

iPS細胞で治せる病気が増えてきたって本当なの?

f:id:sasaic10:20220124144451j:plain

現在進められている再生医療では、

足の筋肉細胞をもとにした細胞を

心臓の筋肉に貼り付ける手術が成功したことから、

心不全治療用の再生医療製品の誕生に結びついております。

 

心臓疾患は、

日本ではがんに次ぐ死因となっており、

欧米では一番多い死因。

 

この再生医療製品が

多くの人の命を救うことになると

高い期待が寄せられています。

 

また難病と呼ばれる

パーキンソン病をはじめとした脳の再生、

全身の筋肉が衰えるALSといった

難病の進行停止などにiPS細胞を使用した治療が進められています。

 

意外なところでは、

毛髪の再生に向けた研究も進められているそうです。

 

ではiPS細胞が実用化された場合、

我々の未来はどのようになっているのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

 

 

iPS細胞が実用化されると起こりうる未来とは?

f:id:sasaic10:20220124144741j:plain

難病の患者さんの細胞からiPS細胞を作り、

それを臓器などの細胞に分化することで

病気の原因の究明が可能となり、

治療へと結びつくことができる可能性が高まっています。

 

また細胞を再生することで、

人体では不可能な薬剤のテストが行え、

様々な新薬の開発に結びつくことも期待されています。

 

そのため様々な病気が克服できる未来に繋がる可能性がありますね。

 

また、近年は「3Dプリンター」の飛躍が

大きな話題となっていますが、

医療用の「バイオ3Dプリンター」の開発が進み、

実際に神経細胞などを作り移植治療の研究も進められています。 

 

さらに開発が進めば、臓器だけではなく

手や足を不慮の事故で無くしてしまった

などのケースでも、それらを再生し

日常生活を普通に過ごすことができることも実現するのではないでしょうか。

 

そんな夢のあるiPS細胞、

実用化に向けてはまだまだ研究途中で

分からない部分も多いそうです。

 

実用化に向けての課題には

どのようなことがあるのでしょうか?

 

iPS細胞の実用化への課題とは?

f:id:sasaic10:20220124145426j:plain

iPS細胞以前にも、

再生医療向けに研究されていた

ES細胞」というものがありました。

 

しかしES細胞は、

受精卵から採取する必要があり

倫理的な課題が残されていたため、

iPSは人間の皮膚や血液などから作れる点で

倫理的な課題はクリアできているとされています。

 

また個人個人の細胞から作り上げ

それを採取した人間に使うことから、

拒絶反応も起こりにくいと考えられ、

現在は安全性の確立に向けて様々研究が進んでいる段階です。

 

ただ、例えばがんは

遺伝子が関わっていることから

発がん患者の細胞を使うと

その遺伝子も複製されることとなります。

 

そのため利用後の

発がんのリスクがどれくらいであるのか、

まだ十分には解明されていないという課題があります。

 

夢のような技術であるのは間違い無いですが、

費用面の現実が多分に残されています。

まだ現在の研究では、個人にかかる負担は莫大なものとなるようです。

 

例えば網膜の再生では

数千万〜数億の費用となる見込みであり、

臓器の再生に至っては数十億レベルが必要ではと言われております。

 

網膜再生でも1年半ほどの期間が必要とされ、

再生〜治療までの時間も課題として残されております。

 

まとめ

夢のような未来の実現には、現実の課題を

いかにクリアしていくかが必要であり、

まだ実用化に向けては時間が必要であると言えますね。

 

しかし病気で苦しまれている方が少しでも減り、

皆が笑顔で過ごせる未来が実現されるよう、

更なる研究が進むことを望みましょう。