大人のとれんでぃ

大人になって「あ、あまり世の中のことに興味持っていないな…」と焦った時にちょっと世の中の新しいことが分かるブログ。

相続税/家屋の評価方法の決まり方は?計算式は?かからないケース

スポンサーリンク

相続税を計算する時の

家屋に対する評価額の計算方法は、

固定資産税評価額×1.0(評価倍率)」で決まります。

 

この計算方法は、

戸建て、マンションともに同じです。

(土地に関する部分の計算式は戸建て、

マンションで異なります)。

 

※固定資産税評価額とは、

 家屋などをどのように評価するかを

 定めている固定資産評価基準に基づいて、

 管轄する各市町村で決めている評価額のことです。

 

※固定資産税評価額は、

 家屋の所有者に毎年届く課税明細書で知ることができます。

 

※家屋の相続税評価額の計算方法は、

 家屋の利用用途(自宅としての利用か

 賃貸としての利用か等)により

 計算式が異なり、上記は自宅として利用していた場合の計算式です。

家屋の相続税評価額の計算方法は?築年数は関係あるの?

f:id:sasaic10:20220129010547j:plain

家を相続する場合、

相続税評価額を正しく計算しないと、

税金を払い過ぎる可能性がありますので、

ここでは、相続税評価額(相続税などを

計算する時の基準となる課税価格)についてまとめます。

 

住居用の家屋に対する

相続税評価額の計算方法は、

固定資産税評価額×1.0(評価倍率)」です。

 

相続税評価額は、

固定資産税評価額に基づいて算出されます。

 

この固定資産税評価額は、

経過年数に応じた減価率が適用されて

(家屋が古くなるにつれて)金額が低くなります。

 

※経過年数に応じた減価補正率は、

 木造建物と非木造建物とで減価率(経年減点補正率)が異なります。

 

 木造の場合は築27年以上で0.2、

 非木造の場合は築45年以上で0.2の原価率となります。

 

 具体的な減価率の数値は、

 地域毎にある「新築建物課税標準価格認定基準表」をご参照ください。

 

スポンサーリンク

 

 

 

家は相続税かからないことがある?

f:id:sasaic10:20220129010717j:plain

結論からいうと「あります」。

 

以下の2つの場合です。

 

・遺産の額が基礎控除以下の場合

基礎控除は、3000万円 + (法定相続人 × 600万円)で計算します。

 

相続人が1人の場合は3600万円以下、

2人の場合は4200万円以下であれば

相続税はかからないということです。

 

この場合、相続税の申告書の提出は不要です。

 

基礎控除を超えても配偶者控除がある場合

正味の遺産額(*1)が1億6000万円または、

正味の遺産額に配偶者の法定相続分

掛けた額のどちらか多い金額までは相続税はかかりません。

 

(*1)正味の遺産額とは、

 遺産総額から非課税財産

 (葬式費用や債務など)を引いた額に、

 相続開始3年以内の贈与財産をプラスしたものです。

 

 この場合、相続税はかかりませんが、

 相続性の申告書の提出は必要です。

 

なお、家屋ではなく土地に対する

評価額を下げて、結果として

相続税を抑える場合として以下があります。

知識として覚えておくと良いかと思います。

 

基礎控除を超えても小規模宅地等の特例がある場合

配偶者は無条件に適用されます

(配偶者以外は条件をいくつか満たす必要があります)。

  

住居用の土地(自宅)のうち、

330m2(100坪)までの部分について

80%下げることが可能

  

この場合、相続税が発生しなくても、

相続税の申告は必要です。

 

 

まとめ

高齢になった親や自分名義で

土地や家を持っていると、

相続税のことが気になりますね。

 

しかも、相続を知った日の翌日から

10か月以内に税務署に納税する必要があります。

 

ネットで調べると、

税金が払えずに家を売ったなどの

情報もあるので不安になります。

 

しかし、今回調べたように、

引き継ぐ財産の全てに

相続税がかかるのではなく、

引き継ぐ財産から基礎控除額を

差し引いたりした額に相続税がかかることが分かりました。

 

また、条件を満たせば更に減額可能な場合もあります。

 

「突然の出来事」はいつ起こるか分かりません。

時間と心に余裕のある時に、

自分や身近な人と相続に関する会話をして、

お互いに認識あわせをしておくと安心ですね。