大人のとれんでぃ

大人になって「あ、あまり世の中のことに興味持っていないな…」と焦った時にちょっと世の中の新しいことが分かるブログ。

【体験談】眠れないまま朝になった時の対処法、仕事休む?原因は?

スポンサーリンク

仕事疲れやストレス、

お金や友人関係の悩み……

そう考えているうちに

眠れないまま朝になったことは

だれにでも一度はあるのではないでしょうか。

 

かつて私の友人も

睡眠障害」「入眠障害」におちいってしまい、

どうすればいいかわからず苦労しました。

 

今回は、彼がいろいろと試したなかで、

実際に効果があったものをご紹介します。

ぜひ、参考にしてみてください。

眠れないまま朝になった時の対処法

f:id:sasaic10:20220204031917p:plain

眠れないまま朝になったことが

一度や二度なら問題ないのですが、

それが続くとやっかいな睡眠障害入眠障害におちいってしまいます。

 

そうならないためにもまずは、

決まった時間に起きるようにすることです。

 

起床時間を一定にし、

カーテンをあけて太陽の光を

おもいっきり浴びながら目を覚ますと、

体内時計がリセットされてスッキリした目覚めにつながります。

 

それから、

入浴後にかるくストレッチをしたり、

寝る前に本を読んだりと、

自分なりのルーティンをきめるのも効果があります。

スマホのeブックなどは余計に目がさえてしまうのでおすすめしません)

 

あと、昼の休憩時間に

20分ほど仮眠をとるのも

頭の中が一度リセットされるのでよいとされています。

 

眠れないけどとりあえず布団の中にはいって、

1時間も2時間もそのままでいるのはよくありません。

 

脳に「布団の中は居心地のよくない場所」

とインプットされてしまい、

最悪は条件反射的に不眠が加速してしまうおそれがあるからです。

 

20分くらいしても眠れないときは、

一度布団から出てあたたかい飲み物を飲んだり、

好きな音楽をきいてリラックスするとよいでしょう。

(ノンカフェイン)

 

川の流れる音とか、滝の音、雨の音とかも

脳がリラックスするのでおすすめです。

 

また、眠れないからといって一人のみぜったいにNGです。

 

飲む量だけが増えるだけで、

何の解決にもなりませんし、まったく改善されません。

 

眠れないまま朝になった。仕事を上手に休む方法はない?

f:id:sasaic10:20220203235839j:plain

眠れないまま朝になったときに

仕事に行くのは眠いし、動けないしで

気分は最悪ですよね。

 

社会人としてはやっぱり

仕事は休んではいけないと思うのが

一般的ですが、無理して行っても

仕事の効率もわるくなりますし、何よりも動けません。

 

私の時は、思いきって会社を休むほうを選びました。

 

なぜなら1日や2日会社を休んでも、

何とかなるし、自分自身のからだのほうが

大事だと判断したからです。

 

元気になってから

その分を取り戻せばいいことですし、

なんとかなるんです。

 

しかし、そうもいってられないのが現状。

 

なので、午後から出勤するとか

午前中に仕事を終わらせて

午後から休むのもいいかもしれませんね。

 

どうしても休みたいなら

「眠れない」のも一種の病気なので、

無理して「睡眠障害」にでもなってしまったら

治療が必要になりますし、なによりつらいです。

 

休んでしっかり睡眠を確保して、

コンディションを整えるほうが

長い目でみれば良いと考えることもできるわけですから。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

眠れないまま朝になった原因は?知っておきましょう。

f:id:sasaic10:20220203235852j:plain

そもそもなぜ自分は眠れなくなったのか?

 

会社でおおきな失敗をしたのか、

それとも人間関係なのか、

眠れなくなった原因はかならず存在しています。

 

まずはその原因をさがしてみましょう。

 

私の場合は会社での人間関係というか

上司からのパワハラと、

寝る間もなく働き続けた結果、

不眠症になり、それでも頑張って、

頑張って働き続け自律神経が

おかしくなってしまい身体的にも、

精神的にもこわれていきました。

 

いわゆる自律神経失調症になり、

しばらくするとうつ病になっていて

夜も眠れない日々が続き、

入眠障害睡眠障害になっていました。

 

睡眠薬を処方され、

飲んではみたもののあまり効果がなく

どんどん強い薬にかわっていきました。

 

薬は一時的なもので、

そこではじめて薬に頼っていてはいけない

と思い始めたのです。

 

まずは、なぜ眠れなくなったのか

をつきとめて一個ずつ解決していき、

眠れる身体づくりをはじめていきましょう。

 

いちばん大事なことは

自分のからだのことを理解し、

いたわってあげてください。

 

こころが落ち着けばからだもかならず回復します。

 

まとめ

眠れないことを悪いことだと

自分自身を責めるのではなく、

今は病気なんだといたわってあげるのが

いちばん大切なことだとわかってくださいね。

 

私もあらためて自分自身をほめてあげようとおもいます。

 

ひとりではなかなか難しいので

一緒にがんばっていきましょう。

 

今回の対処法で少しでも

早くぐっすり眠れる日がきますように…